So-net無料ブログ作成
旅行先での大けが ブログトップ

事後報告です。退院しましたまでの話。 [旅行先での大けが]

ベット上の絶対安静4週間が経過し、椅子に座れるようになったのは
3月の最終週。

生まれたての子鹿のようにぷるぷるしていた、私でしたが、

週末の、リハビリ外出、外泊をめざしひたすら病院内を動き回ります。


んで、


外出許可を得る事が出来ましたのが3月28日。


とにかく


歩く必要がたくさんあります。

IMG_4269.jpg

外出許可も出るようになり、退院に備えての外出リハビリ。

IMG_4268.jpg

その外出リハビリをサポートしてくれる番犬「モコ」

IMG_4268.jpg

あちこちでウンチをして、おれに容赦ないリハビリをさせてくれます。



いつも病棟から見上げていた丘から病院を望むおれ。

IMG_4271.jpg


そして退院


IMG_4276.jpg



島の皆様が快気祝いに駆けつけてくれました。


IMG_4284.jpg



3月末の出来事でした。

重力を感じた1ヶ月ぶりの2足歩行 [旅行先での大けが]

早いですね。。。

実は先週の火曜日。3週間目にレントゲンを撮りました。

全く変化なし(レントゲン上の話では)。

実は、これが正解で安静にしていた証拠となり、本日4週間が経過したので


いよいよ。起き上がります。



30度以上の角度で座るのは1ヶ月ぶり。。。


クラクラします。



車いすに座りますが、「おれの体、こんなに重たかったっけ?」と感じる程やはり、足は衰えておりました。(覚悟はしていたけど)。

車いすに座って、血圧測定。血中濃度測定。異常なし。

リハビリ室に移動するのですが、救急車で運ばれて以来、すべての空間がまるでワープしたかのような感覚。



リハビリ室に付いてもすぐ血圧測定。異常なし。


立ち上がる。座る。 血圧測定。異常なし。


ってことで、本格的な歩行を開始。


歩行器をつかってです。

あるけるけど、内股になる・・・・とか足が重く感じて想像よりも足が上がっていないなど・・・


生まれたての子鹿ですか?私。。。。


こりゃあ、大変だ。。。



ふらつきながらも、コツがつかめてきて、
本日よりいきなり監視解除で自分の意志でナースコールを呼ばずにトイレに行ける事が可能になりました。(歩行器が必要ですが)



そして、ブログをチェックしてくださっているかたの応援メッセージが。

「歩行気を使うときは、へそを出すようにするのがコツです」「よりかかると腰に負担がかかりますよ」というアドバイスを頂きました.



さっそく間違った使い方をしていました。。




それでも、歩ける事由を1ヶ月ぶりに味わえた感動・・・。


特になんでもない古い病院を、用もないのにうれしそうに徘徊しまくる私の名前は、いっくす。
37歳最後の夜は、こうして老けて行きました。


かしこ。








ベット生活500時間経過。いろんな事が麻痺してきます [旅行先での大けが]

3月16日・・・怪我してちょうど3週間。

ベットの上での生活も500時間経過したところです。


幸い、足のしびれ等の麻痺は無いようで順調に回復しておりますが・・・。



時間的な感覚、気候的な感覚、曜日感覚、日常感覚がだんだん麻痺してきています・・・。


最初は15℃という気温が暖かく感じておりました南の島ですが、寒く感じるようになってきました。



今の楽しみは・・・・妻よっちゃんの差し入れ「水曜どうでしょう」のDVDの観賞制覇でしょうか。。。




とはいっても・・・



寝てばかりはいられない・・・。



超大型イベント「代々木・東京アウトドアディ」4月5日・6日に出展する。。。
http://www.outdoorday.jp/


土日だけで10万人を超える人がやってくるこのイベントの準備を、ベットの上でこつこつ進めております。。。


車いすを使ってでも行かなきゃ・・・・。



(涙)

血圧低下の危機とかありましたが、石垣島は暖かいんです。 [旅行先での大けが]

毎日、仕事の夢を見ています。


目が覚めると、ここが石垣島なんて想像がつきません。


そんな非現実てきな日常を送り始めて12日が経過しました。



とある急性期の朝。

(急性期:症状・徴候の発現が急激で、生命の危機状態にあり、経過が短い。手術による症状が急激に現れ全身管理を必要とする時期)
血圧を測ってもらうと


低下.jpeg

(上)120台後半を示していた血圧が、目覚めると(上)69を切っていた。

呼吸数は40ぐらい。


おれは、痛くて身動きが取れない。


ふと、点滴をした左手に目をやると・・・・



そこには、まるでおれのベットで殺人事件でも起きたかのような
大量出血をしているじゃありませんか。。。。



点滴の針がとれたのか、漏れたのか全然わかんないんですが、、、眠くてどうでも良かったのは覚えています。

シーツ交換して、服も着替えて、なんか点滴をやり直して夕方には100を回復したんですけど。


ひょっとして、やばかったんかな???



こういう出来事が過去の出来事に思えるくらい順調に回復しています。



テレビを見ていると、沖縄が真冬の寒さに覆われて・・・と言っています。


でも最低気温が15℃、最高気温が20℃なんですよね〜。


僕的には小春日和です。


ただ、花粉が無いんですね。



今の楽しみは、食事タイムと朝の連ドラ・・・・ぐらいでしょうか。。。


でも、かろうじてパソコンとインターネットが使える環境なので、仕事はギリギリできています。


取り急ぎご報告まで。。。


応援の↓クリックをしていただけるとすごく励みになります。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



日本の最果てで怪我した俺が埼玉に運ばれる費用 [旅行先での大けが]

車中泊とかアウトドアのブログなのに

しばらくは、闘病ブログになりそうな勢いです。


でも、もし「旅先で大けがしたら」「キャンプ場で大けがをしたら」キャンピングカーで事故に巻き込まれて旅先で怪我をしたら・・・
の参考になれば幸いです。。。



旅先で起き上がれない俺を関東に運ぶ費用っていったい・・・

石垣市内の病院→石垣空港→羽田空港→埼玉の病院といった輸送を想定してみる。




まず、今いる病院から新石垣空港に移動するまでの民間救急車が必要です。
そして、私は特別な入り口から搬入され飛行機に横付けされます。

①特別な区間を走るので、専門の許可のある介護タクシーとか、民間救急車が必ず必要なんです。 これで¥20,000-

②付き添いの看護師 派遣料1名 往復15時間 ¥60,000- + 付き添う看護師の往復航空券 ¥60,000- = ¥120,000-

③私の航空チケット 安く手配した奴 ¥25,000-
④ストレッチャー料金(通称6席分の占有シートと呼ばれている) ¥96,000-
実は、④のストレッチャー料金って6席分の金額じゃないんですよね。料金の設定は、持ち込み機材と同じような扱い?ペット料金とかそんなところに詳しく書いています。

一般客より早く登場させられ、その後私は一般登場者が載る前にカーテンに隠されるようです。
離陸直前にカーテンが外され、寝たまま離陸します。



羽田空港到着後、特別なルートからあらかじめ手配しておいた民間救急車が飛行機の駐機場の近くで待機しています。
そこから、埼玉の病院に直行です。

⑥埼玉までの民間救急車料金 ¥30,000+有料道路料金 (有料道路料金は、誤差の範囲なので省略する)


合計・・・いくらだ?? 約30万・・・・。


うーん。。。高いなぁ。。。


まてよ・・・。

もし、楽天のマー君が渡航したみたいに、チャーター便を手配したら・・・

無駄に調べて


360万だということがわかり


おとなしく、島で入院することにきめました。


応援の↓クリックをしていただけるとすごく励みになります。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村




絶対安静の日々 [旅行先での大けが]

車中泊とかアウトドアのブログなのに

しばらくは、闘病ブログになりそうな勢いです。


でも、もし「旅先で大けがしたら」「キャンプ場で大けがをしたら」キャンピングカーで事故に巻き込まれて旅先で怪我をしたら・・・
の参考になれば幸いです。。。


腰椎の圧迫骨折・・・・

もうね・・いたくて全然立てないのよ・・・。


怖くて、、、

だから、旅先でこれをやってしまうと、滞在期間が基本1ヶ月以上増える事になります。



治療法・・・ひたすら安静。

要は、骨が硬くなるまでの4〜5週間は、座ったり立ち上がる事ができない。

ひたすら寝続ける・・・。


安静.jpeg

これが、想像以上に苦痛でありまして・・・


健常者は無意識に寝返りしてますが、それが出来ない・・・ 

痒いようなむずむずするような・・そしてだんだんいたくなる・・・。


んで、ナースコールを押して

床ずれ.jpeg

体の向きを変えてもらう。

排尿はなんとか自力で

しびん.jpeg

尿瓶で出来るけど



排便は・・・無理・・・これもナースコールを呼ぶ・・・。

おむつ.jpeg

こんな微笑ましい光景じゃありません。



最初は抵抗あったけど

すでに恥じらいの感覚は麻痺しちゃってます。

触れられても大きくならないよう、耐えています。









この治療方針。実は選択枠が3つありました。

1.4週間の絶対安静 のち コルセットをして1週間かけてリハビリ→退院して飛行機で自宅へかえる
2.2週間の絶対安静 のち コルセットをして飛行機に →羽田空港に民間救急車を待機させ地元の病院に転院
3.移送手続き1週間はとりあえずの入院 石垣空港まで救急車で搬送。 飛行機の座席6席分を占有してストレッチャーで俺を空輸。羽田空港に到着後、民間救急車で転院。地元病院で5週間入院

んで、2についてはリスクが高かったのでやめました。圧迫された骨が再度潰れて今度こそ神経をやられるリスクがあったので・・・。

1か3で迷っています。。。。

1は、金もかからず安静で来ますが・・仕事がほとんど出来ない・・・。
3は、膨大な金がかかる・・・。けど仕事の指示が出しやすい。。。




一体、俺をストレッチャーに乗せたまま埼玉に帰るとなると、どんだけの費用がかかるのか・・・

これはこのあとにでも。


応援の↓クリックをしていただけるとすごく励みになります。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
旅行先での大けが ブログトップ